恋のオーダーメイド

f:id:merciless666:20180623225621j:plain

ヤフオクで落としました。これ大事に持ってたはずなんだけど、紛失してしまったので。おおらかな世界観の法田ワールドの中でも、この漫画が一番自由闊達としてて好きだ。中でも必読は、やはり最近Twitterでも少し話題になってた「銭湯開始」だろう。法田ワールドでなければありえない唯一無比の名作。守方先輩シリーズも甘酸っぱくて、中学生の頃むさぼるように読んでた。「南の島でJCD」とか本当にバブルだなぁ。エロさという点では「博覧会へようこそ」がピカイチ。本当、つくづくこの頃が女性に一番夢と憧れを持てた時代だったなぁ。しみじみ・・・。何故かAmazonにこれだけ登録がなく、やや入手困難のようだけど、その「銭湯開始」がロリ、ラストの「子供は天使よ」がショタなので、現在はヤバイという判断なのだろうか。確かに法田漫画は子供のエロはあまり取り扱わないし…。

キューティーハニー

最近、読んでる。

f:id:merciless666:20180610104345j:plain

白状しますが、実は永井豪作品って、今まで殆ど読んだことなかったのです。デビルマンですら。

その最もたる理由は、絵がヘタクソだから。アフタヌーンでパラ見した「デビルマンレディー」で本当そう思って。しかもその上で、海外での評価が高いわけですよ。一昔前、海外の漫画好きイラストレーターが永井豪の名前を出すことは本当多かったと思う。その辺不思議に思いつつ、また別の気にくわないところがあった。

f:id:merciless666:20180610104513j:plainf:id:merciless666:20180610104529j:plain

日本のロックバンド、COCOBATのCDジャケットである。左側はデビューアルバム"Cocobat Crunch"、右側は1996年作"Struggle of Aphrodite"だ。共にデビルマンをモチーフとして、アメリカのイラストレーター、パスヘッドが手がけているのだが、"Struggle of Aphrodite"は見ての通り、永井豪本人とのコラボレーションが実現している。

これはパスヘッドが永井豪を好きであるのみならず、COCOBATというバンドも永井豪を気に入ってるからに他ならないのだが、だからなおさら、永井作品へある種の不信感が芽生えたのだ。COCOBATって当時スポーティーでナウい都会のヘヴィロックバンドの先駆けみたいなもんで、所謂オタク文化系とは対称だったから。スケボーが必ずセットでついてくるような。また、そういう界隈での永井豪の人気もすこぶる高かったし、彼らはBASTARD!のような緻密で妖艶で美しい絵の漫画を「オタク臭い」と否定しといて、永井豪はクールだと持ち上げるような傾向もあって、それでなおさら敬遠するようになっちゃったのもあるんだよね。そういう人たちのための漫画家かと。

しかし時も過ぎて、そういうロックだなんだも過去のものとなりつつあり、今ならまっさらな状態で永井豪と向き合えるかなあと思い、このキューティーハニーを手にとったわけだ。

いや、楽しいね。これは楽しい。こんなにヘタクソなのに。荒削りもいいところなのに。

表現すべきことは、これで間に合ってるってことなんだろうね。これでどうしても絵が気になるようなら、飯坂友佳子、及び佐々木和志が作画を手がけた「キューティーハニーF」を読めということなのだろう。しかし飯坂友佳子だとこの楽しさは出ないだろうね(誤解なきよう、僕は「バトルガール藍」好きです。あくまで適性の話)。

漫画って本来、これでいいんだよと、そして本来はこうであったんだよと、この作品は教えてくれる。Twitter読んでると、なんか常にデティールのこだわり持ち続けてないと漫画描いちゃいけないかのように言われてる気がしてくるんだけど、何も持ってなくとも、創作の衝動さえあれば、表現してみるべきなんだ。そんなポジティブな精神が、90年代のスケートロックバンドは共感出来たのかもしれない。

そして気づいたんだが、近年同人界隈の一部で話題の初期衝動系作家、木持アート出版のルーツも、結局第一に永井豪なのではないか。必要以上にストーリーテリングに囚われることなく、思い思いにキャラクターを活写するあり方は、まさしく永井豪ではないか。

f:id:merciless666:20180610104828j:plain

かく言う僕も、資料がー、デッサンがーと思い込みがあり、自分で中々漫画絵描く気になれないで来たんだけど、その精神で、今更ながらやってみるかな。色々なことを教われる気がするね。このキューティーハニーからは。もちろん他の永井豪作品も読んでいかなければ。

約一年ぶりだよwww

こっちも更新しないとね。

ところで前回のエントリーが法田恵さんだったわけですが、この方の「恋のオーダーメイド」という単行本がどーしても手に入らないんですが、どっかにないですかねぇ。以前持ってたんですが知らない間に紛失、買いなおしを迫られてるのです。この方の単行本としては一番好きというのもありまして。

最近は心が疲れてるので、高校のとき読み捨てていた能天気な美少女アクションものを欲してます。

f:id:merciless666:20180528001324j:plain

セーラームーンでおなじみの只野和子女史が作画を担当した漫画です。どこかで観たようなキャラクターデザインに、スターウォーズに、ムー的オカルト、変身美少女と、当時のちょっとおおきなお友達大喜びな要素てんこ盛りなのだが、それゆえにセーラームーンとは対極のお子様お断りムード。楽しい漫画ではあるのですが。

f:id:merciless666:20180528002151j:plain

90年代半ば、成人向けのはりけんはんな名義と共に登場、現在も活動を続ける佐治ジロー氏。この漫画で一際目を引くのは、ヒロインの一人が、ポンチョの下がほぼ完全全裸なことだろう。他もかなりきわどいカッコの女性キャラ多数。この頃はこういうフリーダムなファンタジーものがちらほらあったんですよねぇ本当懐かしい・・・。こういう世界を描く漫画がまたどんどん出てきてほしいです。勿論一般枠で。こういうのはセックスの所在を描かれるとあまり面白くなくなるので。だからわざわざ名義を分けられていたのでしょうし。

久しぶりの更新

仕事が苛烈で、とてもじゃないけどアニメだの漫画だのゲームどころではない日々が続いておりましたが、この度めでたくいらんこ認定されて苛烈なポジション外されましたので、今後こちらも更新していこうかと思います。

とりあえず、今回は雑談で。

苛烈な仕事の日々を送っていた最中では、とてもじゃないけど読むのに気力のいる漫画とかアニメとか鑑賞する気になれませんでした。家帰ってきてもプレッシャーから逃れられないような仕事だったから。そんな中、好んで読んでいたのが、法田恵「三人から始めよう」。

f:id:merciless666:20170730205822j:plain三角関係を描くラブコメは数あれど、三人まとまって恋愛関係に至る漫画はこれくらいかもしれない。そのへんは人間のドロドロ感がそもそも存在しない世界を描ける法田氏のお家芸といったところで。ここ数ヶ月は本当、こうした甘ったるい漫画に心を浸して、なんとか乗り切ってきた感じです。法田漫画は決して全部が全部良いわけではないんですが、好きな奴はやっぱ好きですねぇ。

で、今後は当分暇な日々が続きますし、その上お盆休み目前ですよ。なーにしよっかなぁと予定立てるのが楽しみであります。とりあえずコミケですかね。冬は経済的にかなり厳しくなる見通しなので、その分今回張り切ってきたいところです。三日間行くか迷い中。サークル申込書も買ってこなければいけませんしね。そう、同人復帰、全然諦めてませんから!!今後生活が新しくなって、今度こそそういう余裕が出来てくるといいんですけど…。

時間がないだけならまだしも、仕事外までプレッシャーが残るのはもうカンベンですわ。今後もしまた身の振り方を考え直さなけれあならない流れになってしまったら、その辺も考えて動いていかなければいけませんね。